CSR活動

赤磐市立磐梨中学校で交通安全講習会を開催 2011年9月30日

9月30日、赤磐市立磐梨中学校にて赤磐市主催の交通安全講習会を開催しました。
例年は講話が主体の講習会でしたが、今年は「体験型講習会」にということで、
ビオカに依頼をいただきました。
赤磐市内4地区それぞれで実施する計画で昨日は高陽中学校での開催、
そして今回は第2回目の開催をここ磐梨中学校での開催となりました。
磐梨中学校の全校生徒167名及び一般参加の約10名での受講となりました。

最初に副市長さんからのご挨拶です。


続いて安全先生の出番です。

天気が悪く、かすかに小雨。 もし途中で雨脚が強まったらいけないので、最初に衝突実験をすることにしました。
もし、雨がひどくなったら体育館に移動して残りの内容を体育館で行うことにしました。

ドカーーン! の後です。

悲惨な姿のダミー君と自転車。
昨日は「ダミーⅠ」にがんばってもらったので、今日は「ダミーⅡ」にがんばってもらいました。
(今日はダミーⅠは見学していました。)

みなさん最初に衝撃的なシーンを見せられてびっくりした様子でした。

心配された天気は、なんとか持ちこたえてくれたので、このまま運動場で実施しました。

続いて「携帯電話使用による注意力低下について」です。

磐梨中の中学生2名と一般参加の方1名に協力いただき、反射時間の実験です。

携帯で通話しながら、とか、メール画面を見ながらだと、反応が遅れます。

3名とも棒をつかめませんでした。
その後、先生にも「棒立て」をやっていただきました。

次は「巻き込み事故について」の学習です。

巻き込み事故は、この横棒の部分で歩行者が倒され、その後内輪差で内側を通る後輪によって轢かれます。

安全先生、説明中。

背景に電気自動車のリーフが見えます。
一般参加の方々にはこのリーフにも関心が高かったようです。

説明の後は実演です。

やはりこの時間はみなさん大騒ぎ。

磐梨中学校のみなさん、一般参加の皆さん、お疲れさまでした。
心配された雨も、なんとか講習中にはもってくれてよかったです。
今日の講習会で感じたことは、みなさん自身の生活に活かしていただきたいし、
みなさんのご家族にも伝えて、みんなで安全な赤磐の交通社会を実現しましょう。

▲TOP