CSR活動

倉敷中央高等学校で交通安全教室を開催 2012年1月30日

1月30日、倉敷中央高等学校にて1、2年生約640名を対象に交通安全教室を開催しました。
今回は総社自動車教習所にも協力いただき実施できました。
今回は天候には関係なく体育館での実施が決定していました。
真冬の体育館はとても冷えて、みなさん辛そうでした。
体育館用の暖房器具2台で暖めてくださいましたが、それでも寒かったです。
パワーポイントを使っての導入部分です。

倉敷中央高校は女子生徒が多く(95%以上だと思います。)、とてもおとなしいって印象でした。
最初のテーマは、携帯電話使用による注意力低下についての学習です。
(本日はカメラの調子が悪くて、写真はご覧の2枚しか撮れませんでした。ごめんなさい。)


二つ目のテーマは、ヘッドホン使用による注意力低下についての学習です。
体育館に大音量で音楽を流して実験しました。
(写真なしです。ごめんなさい。)


三つめは、巻き込み事故についてです。

おとなしい倉敷中央のみなさんも、この時ばかりは大騒ぎでした。
最後は子供と自転車との衝突事故再現です。
上の写真中央の子供ダミーを内輪差学習マシーンの自転車(横棒ははずしてます。)ではねました。
みなさん、すごく真剣に見てくれました。


倉敷中央高校のみなさん、寒い中をお疲れさまでした。
教室の中でも言いましたが、今日見て感じたことは帰ってご家族にも発信してください。
みなさん一人一人と、そしてみなさんのご家族と、できることから始めましょう。
お願いします。

▲TOP