CSR活動

烏城高等学校夜間部にて交通安全教室を開催 2014年6月25日

平成26年6月25日、岡山県立烏城高等学校にて夜間部1,2年生約80名を対象に交通安全教室を開催しました。

烏城高校は昼間部と夜間部があり、同日の昼にも昼間部のみなさんへの授業を行いました。

夜間部のみなさんへは20:20からの授業、夜間照明に照らされながらの交通安全教室です。

 

最初のテーマは、携帯電話使用による注意力低下について、突然落とされる棒を素早くキャッチする実験を、通常の状態と携帯電話を使いながらとで比較しました。

また、先生には手のひらに棒を立ててバランスをとっていただきました。

DSC_7228

通話しながらでは、なかなかバランスを保てません。

携帯電話やスマートフォンを使う事で注意力が散漫になり、反応の遅れになりやすいです。

歩きながら、自転車に乗りながらの通信機器の使用はやめましょう。

 

次のテーマは、電気自動車の走行音について、

DSC_7241

通常のエンジンの車と電気自動車とを走行させて、その音の違いを聞きました。

電気自動車やハイブリッド車は排出ガス削減の面で優れた特性があります。

またエンジン(モーター)音が小さいという特徴もあります。

走行音が小さいということは騒音が小さいということで、その点では優れた性能ですが、ところが歩行者や自転車側にとっては背後から車が迫って来ても気付かない、という心配もあります。

背後から車が迫って来ていることを通常は『音』で察知し、意識的・無意識的問わず「身構え」や「警戒心」という準備をするものです。

ところが、察知が出来ないとなると、歩行者側は「無警戒状態」になってしまいます。

しかも、歩行者側は通信機器や音楽機器を使っていて、ますます周囲への注意力が低下しています。

このように、変化しつつある交通環境について、電気自動車の走行音を聞くことで考えてもらいました。

 

次は、子どもと自転車との衝突事故再現です。

DSC_7251

自転車は手軽な乗り物で、高校生のみなさんも日常生活でよく使うと思います。

その自転車は、交通弱者として「被害者側」になることが多いですが、自転車側が「加害者」となる交通事故も増えています。

子どものダミー人形と自転車とを衝突させることで、みなさんが加害者にも成りかねないことを考えてもらいました。

 

最後は、人と車の衝突事故再現です。

DSC_7260

時速40キロでの実験ですが、ご覧のようなありさまです。

みなさんにはこのような実験を目の前で見学するで、交通事故の現実を感じてもらえたと思います。

「交通事故は怖い」という認識が交通安全への原動力になると思います。

 

 

ところで、今回の写真撮影ですが、近馬さんに撮影していただきました。

今までにも何度か撮影をお願いしたことがありますが、近馬さんの写真はすごいな、と思います。

『切り取られた一瞬以上』のものが写されているように感じます。

近馬さん、夜間の時間にも関わらずご協力いただき、ありがとうございました。

また、携帯電話で相手役をしていただいた川西さん、ありがとうございました。

 

 

▲TOP