CSR活動

岡山理科大学専門学校にて交通安全教室を開催 2014年9月18日

平成26年9月18日、岡山理科大学専門学校にて約50名を対象に交通安全講習会を開催しました。

教室内で講話形式でしたが、できる範囲で『実験』も取り入れました。

開講及び導入です。

IMG_4468

こちらの学校では建築学科、動物学科、アクア学科などの学科があるということなので、自己紹介がてら私自身の「建築」「動物」「アクア」との接点を導入の話しにさせていただきました。

IMG_4470

上の写真のスライドはビオカの写真ですが、今回のみなさんの中にはビオカで免許を取った方やビオカの交通安全教室を高校時代に受けたことがある方が数名いらして、私もうれしかったです。

 

 

そして、最初のテーマは「携帯電話使用による注意力低下」についてです。

生徒さんお二人に実験に協力していただきました。

IMG_4473

突然落とされる棒を素早く捕まえる実験です。

通常なら簡単に捕まえられる棒ですが、

IMG_4479

携帯電話で通話をしたりメールを読んでいると反応が遅れてしまいます。

また、先生には手のひらに棒を立ててバランスをとる実験をしていただきました。

IMG_4499

やはり通話しながらでは難しくなります。

運転中に携帯電話やスマートフォンなどの通信機器を使用することは、注意力や集中力への影響が大きく、不測の事態への気付きの遅れや対処の遅れにつながりやすいです。

 

 

次のテーマは、「音楽機器使用による注意力低下」について、

IMG_4502

教室に大音量で音楽を流しながら実験しました。

悲鳴が聞こえるくらい驚いていただけました。

 

 

最後は「点字ブロック」についてです。

IMG_4505

点字ブロックは、約50年前に岡山市の三宅精一氏が原尾島交差点に敷設したのが世界で最初の点字ブロックだったことなどをお話させていただきました。

 

IMG_4509

そして、点字ブロックの上に自転車が駐輪してある写真を使い、嘆かわしい状況をお話しました。

点字ブロックへの理解を高めていただき、点字ブロックが常に機能を発揮できる状態に保たれるよう、みなさんにお願いしました。

こうして約50分間の講習会を閉会しました。

 

▲TOP