CSR活動

高島・旭竜地区青少年育成協議会総会においての交通安全教室 2011年7月8日

7月8日、高島・旭竜地区青少年育成協議会総会において、
育成協議委員の方々約50名に対して体験型交通安全教室を開催しました。
この会議はビオカが日頃路上教習において少なからずご迷惑をかけ、
ご協力いただいている地元の方々による組織の会議で、その総会に合わせて「研修会」という形で実施させていただきました。
普段の交通安全教室は中学生、高校生を対象に行っていますが、
今回は実施する私より先輩の方々が多い中での開催でした。
そういう方々ですから、今までに交通安全教室をいくつも見て来られ、
また交通安全を推進する活動をされている側の方々です。
実施する私としても「いつもの交通安全教室かぁ~」なんてがっかりされないよう気合いを入れて取り組みました。

①携帯電話使用による注意力低下の実験

②ヘッドホンの使用による注意力低下の実験

③盲点の影響による見落としの実験

④衝突事故再現の映像視聴

を約40分間で行いました。
受講された方々からの反響は上々で、特に①~③については初めての経験だったらしく、
感心された感想を多くいただきました。

※写真が撮影できませんでしたので、今回は写真がありません。
oniビジョンの取材がありましたので、そちらをご覧ください。
http://www.oninet.ne.jp/oni/2011/07/post-15.html

▲TOP