教習指導員募集

教習指導員の魅力とは?

それは、
様々な人との “出会い” があることです。

指導員資格を取得して経験を積めば積むほど、
教習生として当校に通われるお客様の運転技術の上達を、1対1 でサポートできるようになります。

やりがいは、
安全運転ができるドライバーの育成という社会貢献と共に、お客様の喜んでいただける顔を見ることです。

入社後はまず「指導員資格」を目指し、研修からスタートいたします。

どうやったら、教習生に分かりやすく教えることができるのか?
どうやったら、忘れずに覚えてもらえるのか?

運転免許取得を目指す教習生の目線になって、安全運転教育を考えていく教育サービス業です。運転免許は、普通車だけではありません。二輪車・大型車など、幅広い資格にチャレンジできます。

学ぶ意欲が一番大切です

前向きに学べる意欲がある方なら指導員として成長できる環境がここにはあります。

運転が大好きな方、根気よく教えるのが得意な方なら、人柄重視で採用していきます。教習指導員としてのキャリアを歩んでみませんか?

ご応募をお待ちしています。

よくあるご質問

まったく初めてなのですが、応募できますか?
指導員見習いスタッフは、未経験でも大丈夫です。【準中型免許と普通二輪免許】をお持ちで、運転が大好き、教えることが大好きな方あれば、ぜひご応募ください。教習指導員資格取得のための費用は、会社が全額負担しています。
入社日は相談できますか?
はい、ご相談に応じます。いま、就業中の方もいつから勤務可能かをお聞かせください。

先輩指導員のインタビュー

今は、どんな仕事をしていますか?
指導員資格(国家資格)を取得した今は、指導員として技能と学科の教習を担当しています。
この仕事を選んだきっかけは?
正直、教習指導員という職業は、就職活動中の選択肢の中に全くありませんでした。たまたま大学内で行われた合同企業説明会に、今勤務している教習所が来ていたので、興味本位で話を聞きに行きました。スポーツは多少苦手なところもありますがドライブはすごく好きで、「一日中車に乗れる」という一つの魅力に惹かれ採用試験を受けてみました。
1日の仕事も教えてください
出勤後、担当している教習車両を清掃してから、朝礼で安全唱和を行い、毎日、交通安全の意識を高めています。その後、今日の教習スケジュールを確認し、技能と学科の教習を行っていきます。教習時間のインターバルでは、教習生さんの技能の予約を取ったり、原簿の受け渡しをしたり、宿題の採点など行っていきます。送迎バスで教習生さんを時々送迎するのも大切な仕事の一つです。
仕事のやりがいは?
担当している教習生さんの運転がどんどんうまくなっていく姿を見ていると一生懸命教えていてよかったと感じます。それに検定に受かってくれたり、感謝されたり、免許証を見せに来てくれる教習生さんもいて、その一つ一つが本当にうれしいです。時には、手紙をいただくこともあり、そのようなことすべてが仕事のやりがいです。最近は「この人にはこう」「あの人にはこう」と教習生さんの様子を見て教えられるようになったことに、自分の成長を感じています。指導員資格を取ったばかりの頃は、手探り状態で教えることも多かったですが、今は一人ひとりに合わせた教え方を工夫できるようになったと思います。
どんな職場ですか?雰囲気などは?
教習所といえば「オジさんだらけ」のイメージが強いですが(笑)、女性指導員も多いので明るく楽しい雰囲気の職場です。仕事が終わった後に先輩が食事に誘ってくださるときもあるので、そんな不安もなくなり、むしろ楽しく過ごせています!
最後に、今後の目標をお聞かせください
まずは、普通車の教習指導員としてすべての項目(みきわめ、シミュレーター、高速教習など)が担当できるようになることが目標です。一歩でも早く先輩方に追いつきたいと思っています。


応募の流れ

ステップ1

応募フォーム送信

このページの応募ボタンより受付しております。

ステップ2

面談日の調整

学校よりお電話いたします。面談日の調整をさせてください。

ステップ3

面談日

当日は履歴書(写真付き)をご持参ください。

応募内容につきましては守秘義務がありますので、安心してご応募下さい。

募集中